三重県

三重県熊野市紀和町

ピータース石


三重県鳥羽市白木

昭和時代に白木と言えば、秩父帯内の超塩基性岩体を採掘する採石場だった。ヴァニア石やスオルン石と言った稀産鉱物を産したが、平成の時代にはすでに閉まっており、絶産だった。2013年に供用開始された白木インターチェンジの工事の際、かつての採石場の延長にあたる超塩基性岩が掘削された。その結果、ヴァニア石やスオルン石が再び産出し、白木の産地は一瞬の間、復活したのだった。現在、工事は完了し、再び眠りについている。ヴァニア石は、変斑レイ岩を切るペクトライト脈に伴う。ペクトライト中に空隙があるとき、自形結晶をしたものが稀に見られた。

ヴァニア石